第1回のおはなし

肌の再生メカニズム

皮膚は3層構造になっていて、表面から、「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層で成り立っています。
そのうち最も外側の層にあるのが「表皮」であり、絶えず新しい細胞がつくられています。
基底層の細胞が分裂した後、成長しながら上へ上へと移動していき、次第に細胞内容物を消化しながら、表面まで移動して、残った脂質膜が垢(あか)となって剥がれ落ちます。

健康な表皮は、約28日で生まれ変わります。この生まれ変わりはターンオーバーとよばれています。



 

皮膚は再生を繰り返しながら、表面に近い細胞は紫外線や外傷によりダメージを受けていきますが、体内の組織を健康な状態に保護しているのです。

 

しかし・・・



紫外線や外傷によるダメージが強すぎると、ターンオーバーの周期が早くなったり、遅くなったりしてキレイな肌に生まれ変わらなくなってしまうことがどうしても起こってしまいます。


日常的にターンオーバーの乱れの要因となるものは・・・

◆年齢による乱れ
加齢とともに基底細胞自体の機能が低下し、ターンオーバーは年齢とともに遅くなります。

◆紫外線・外傷による乱れ
紫外線や外傷を受けた場合には、ダメージを早く回復しようとしてターンオーバーのサイクルは早まります。

などがあります。


これらの要因により、ターンオーバーが早くなったり、遅くなったりすると・・・
肌にはこのような影響がでてきます↓↓

 


きれいな肌を保つには、ターンオーバーを正常に行うことが、何より大切だということですね。では、ターンオーバーを正常化するためにはどうしたらよいか・・・




それは・・・
やはりスキンケアです!
そして注意するのは、「皮膚のバリア機能」を維持するために皮膚には皮脂が必要だということ。

もちろん、
・寝不足
・血行不良
・栄養不足 といった、生活面の見直しも重要です。



ルシェーヌ石けんは、過脂肪という作り方で、油脂成分が多くなるように作られており、石けん特有の使用後のつっぱり感を防ぎます。

 

「ATPって一体なに??」へ